【オススメ】子どもの安全策&いたずら防止グッズ4選

[temp id=3]

 

子どもがハイハイしたり歩いたりするようになると悩むのが安全策といたずら防止策ですよね。

 

私が本当にあって助かっている子どもの安全策&いたずら防止グッズをご紹介します。

4つで中途半端なのはご容赦を!(笑)

100均グッズで手作りできるものもあります。

ご参考になれば嬉しいです!

 

賃貸でも使える!日本育児の扉付きベビーゲート

ベビーゲートだったりベビーガードだったり呼び方は様々ですが、子どもを通せんぼするものです。

階段やキッチンで使う方が多いです。

 

あるとものすごく助かるんですが、壁にネジを取りつけて設置するタイプが多いんですよね……。

賃貸だと壁に穴を開けるのはちょっと……。

そう、賃貸だとなかなか設置できないんです。

 

 

あとは突っ張り棒タイプ。

これだと突っ張る場所が必要です。

 

また、扉がついていないタイプもありますが、そうするといちいちまたぐのが面倒なんですよね……。

 

それらの悩みを解決できるのが、私は日本育児の扉付きベビーゲートです!

いいところは……

  • 置くだけで設置完了するので本当に楽
  • 扉はボタンを押しながら開けるタイプなので、子どもには開けにくい
  • サイズは3種類
  • 両脇の部分が好きな角度に曲げられるので、ストーブの周りに設置することもできる

 

あえてう~んと思うところを挙げると、下のパネルが大きくて場所をとるところですかね。

私は前後にパネルをつけていますが、片側だけにすることもできるので階段の手前に置くことにしても大丈夫です。

 

子どもが倒してしまうという口コミを見ましたが、うちの子がガタガタ揺らしても倒れません。

我が家のキッチンの番人としてよく働いてくれています。

磁気キャビネットロック(マグネット式の引き出しロック)

子どもが引き出しなどを開けてしまうことありますよね。

 

そんなときに役立つのが、引き出しストッパー、ドアロックと言われるものです。

多くのものは家具に貼って使うタイプです。

貼るタイプは見た目がよくないし、剥がすときに塗装も剥げる可能性があるのよね……。

 

 

私は塗装が剥げるのを防止するために、マスキングテープを下に貼って設置してみましたが、すぐに子どもに取られてしまいました。

かなみ
かなみ

マスキングテープを下に貼ると取れやすくなっちゃう……。

どうしたものかと悩んでいたときに見つけたのが、磁気キャビネットロックです。

これは引き出しの内側にロックになる部分を貼りつけて、開けたいときは外側から磁石を当ててロックを解除します。

なので、家具の見た目を損ないません。

使わなくなっても、ロックがかからないようにすることもできるので、無理に剥がす必要もありません。

うちの子がいくら引っ張ってもロックは剥がれないので、無理に剥がそうとしたらそれこそ塗装がはげそうです。

まぁ内側なので、塗装が剥がれても見た目には影響しませんが。

 

あえてう~んと思うところを挙げれば、取り付けが少し難しいくらいです。

1つ目でコツはつかめると思うので、2つ目からは楽につけられます。

もう1つ、ロック(引き出し内部の磁石)の場所が見えないので、最初は開けるのに苦戦するかもしれません。

慣れてしまえばこんなに頼れる存在はいません。

ふすま(引き戸)開閉防止という名の突っ張り棒

本当しょーもなくてすみませんなんですが、ふすま(引き戸)を開けられて困ったわ~ってときは突っ張り棒で止めるのが1番です。

 

いろいろ調べたんですが、多くは上のレール部分にロックを取りつけるものが主流で、背の低い私にはどうもしっくりこなくて……。

 

突っ張り棒を使えばつける高さを自由自在で簡単です。

ただ、この対策の難点は片方の戸しか止められないことです。

もしもう片方も止めたい場合は内側に突っ張り棒を取りつける必要があるので、若干面倒かも……。

 

私は開閉できるところに多少いたずらされても大丈夫なもの(子供服)を入れています。

とはいえ、片方にストッパーをつけることで「ここは開けたらダメな場所」という認識ができたみたいで、むやみやたらと開けることはありません。

 

突っ張り棒、便利です。

 

観音扉の開閉防止グッズ(100均で手作り)

洗面台の下の観音扉収納につけました。

 

賃貸なので、洗面台収納に傷はつけられないですよね。

貼るタイプのベビーガードは避けたい……。

以前、100均で貼らずに取っ手の部分に取りつけるベビーガードを見かけた気がしたんですけど、欲しいときには見当たらなかったので作りました。

 

材料は……

100均の手芸コーナーに置いてあるバックル&アジャスターと、かばんなどにつけるヒモ(?)です。

 

リュックなどの長さ調節できるヒモを作る要領で作ります。

うちにはミシンはないので、ボンドと手縫いで作りました。

アップで写真を撮ると不器用さが目立って恥ずかしいかぎりですが……。

まぁ常に目につくところではないのでよしとします(笑)

 

これだと長さ調節ができるので、観音扉の取っ手の距離に合わせることができます。

 

うちの子がたまに開けようとしていますが、いまだに突破されていません。

自己流で考えてみたんですが、なかなかいいのを思いついたと自画自賛しています。

 

子どもの安全策&いたずら防止グッズ:まとめ

今回紹介したのは

  • 置くだけベビーガード
  • 磁石の引き出しロック
  • 引き戸ロックという名の突っ張り棒
  • 観音扉ロック(手作り)

の4つでした。

 

純粋に買ったものから手作りまでいろいろでしたが、どれも我が家で大活躍してくれているものたちです。

子どもの安全策といたずら防止は、子どもとの闘いのようなものですが、あれこれ考えてうまくいくと達成感がわいて気持ちいいです(笑)

 

かなみ
かなみ

子どもにクリアされないように策を講じるのを楽しいと思えるように頑張りましょう!

それでは、また今度。

[affi id=2]
* 気にいったらシェアしてね *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です