赤ちゃん連れ外食の椅子問題|チェアベルトで解決!外食が少しラクに

赤ちゃんを連れて外食って椅子とか気を使う……。

子ども用のハイチェアってベルトつきじゃないのもあって不便だよね。

かなみ

チェアベルトを使うようになってから赤ちゃんとの外食のストレスがだいぶ減ったよ!

赤ちゃん連れの外食って心配なことも多いですよね。

おむつ替えのスペースはあるかな?

子どもが食べられるものあるかな?

子ども用の椅子はどんなのかな?

月齢・年齢によってはベルトがついていないタイプの椅子だと心配ですよね。

いちいち確認してレストランに入るのはプチストレスですし……。

そんなときに役に立ったのがチェアベルトです。

チェアベルトを使うと赤ちゃんとの外食の椅子問題から解法され、楽しく食事ができるようになります。

赤ちゃんとの外食のハードルが高くていく気がしない……という方は必見です。

\ こういうのがチェアベルトです /

赤ちゃんとの外食に便利!チェアベルトって?

チェアベルトとは

まずはチェアベルトとはどういうものなのかを説明します。

チェアベルトとは

チェアベルトとは、大人用の椅子やベルトのついていない子ども用の椅子に取りつけ、赤ちゃんが前に落ちないようにサポートするベルトのことです。

背もたれのある椅子に装着できます。

また、大人の腰にもつけられるのでひざに赤ちゃんを座らせて離乳食を食べさせるときにも役立ちます。

両手があくので食べさせやすいですよ。

外食のときも家でも活躍してくれて便利です。

かなみ

レストランでベルトのない子ども用の椅子もあるからチェアベルトがあると安心だね♪

いつからいつまで使える?

メーカーによりますが、私が使っているキャリフリーチェアベルトは腰がすわったころから3歳くらいまで使えます。

3歳まで必要なの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、子どもによっては危なっかしい子もいますし、すぐに立ち上がってしまう子にもちょっとしたストッパーになるのであって損はないですよ。

早いうちに買えば買うほど長く使えてコスパがいいですね。

かなみ

息子は2歳半くらいまで使ってたよ!

赤ちゃんとの外食でチェアベルトを使ってよかったこと

赤ちゃんとの外食でチェアベルトを使ってよかったこと

実際に私がチェアベルトを使ってみてよかったことをまとめます。

チェアベルトを外食で使ってよかったこと
  • 椅子をチェックしてから入店しなくてよくなった

  • 抱っこしながら食べることが圧倒的に減った

  • 子どもと一緒に食事を楽しめる

主にこの3つです。

私はチェアベルトで外食のハードルが下がって赤ちゃんとのお出かけを楽しめるようになりました!

詳しくみていきましょう。

椅子をチェックしてから入店しなくてよくなった

子ども用の椅子を用意してくれているレストランは多いのですが……ベルトのついていないハイチェアを使っているところありませんか?

テーブルに近づけたくてもひじ掛けの部分が引っかかって前にいかなかったり、そもそもイタズラが多くてあまり前にいかせたくなかったり……。

なので入店前にベルトつきの椅子なのかを店内を覗きこんだり店員さんに確認をしてから入店していました。

好きなお店に入れず残念な思いをしたこともたくさんあります。

しかし、チェアベルトがあれば大丈夫!

ソファ席しかないところには使えませんが、子ども用のベルトなしハイチェアでつけられなかったことはないです。

店内を覗きこんで不審者のようになることもないし、店員さんに確認までして残念な思いをすることもなくなりました。

かなみ

レストランの選択肢が広がってサイコー!

抱っこしながら食べることが圧倒的に減った

チェアベルトに出会う前は子どもをベビーカーに乗せたまま食事をすることもありました。

そうすると

  • ずっとベビーカーで退屈
  • 目線があわないからかまってちゃんモードに
  • 自分で食べたいのに食べさせてもらわないといけない

そんなこんなでぐずって結局抱っこしながら食べることが多かったです。

しかし、チェアベルトを使うようになってからは

  • 食事のときに目線が変わって気分転換に
  • 顔がみやすくなって安心
  • 自分のペースで食べられてうれしい

子どもがご機嫌でいてくれることが増えました。

かなみ

食事中に子どもがぐずらないだけでストレス減るよね!

子どもと一緒に食事を楽しめる

レストランの選択肢が増えて好きなものを食べられるようになり、子どももご機嫌でいてくれる。

これで食事が楽しくならないはずないですね。

前までは外食ありのお出かけはハードルが高くてできればいきたくないと思っていました。

しかし、チェアベルトを使うようになってからは外食も子どもと一緒に楽しめるようになりました。

かなみ

外食のハードルが下がったからお出かけ自体も不安なく楽しめるようになったよ♪

キャリフリーチェアベルトで赤ちゃん連れ外食のハードルが下がった

キャリフリーチェアベルトの紹介

ここからは私が使っている日本エイテックスのキャリフリーチェアベルトを少しご紹介します。

他のチェアベルトは使ったことがないですが、キャリフリーチェアベルトは簡単につけられ、持ち運びもしやすいくていいですよ。

赤ちゃん連れ外食の椅子問題の救世主!キャリフリーチェアベルトの概要

日本エイテックスのキャリフリーチェアベルトは何もしていない状態だとこんな感じです。

日本エイテックスのキャリフリーチェアベルト
キャリフリーチェアベルトの商品概要

対象年齢:腰がすわって-3歳くらい
重量:125g
サイズ:縦480*横500mm
胴回り:105cmまで
サポートベルト:130cmまで
生産国:日本
洗濯方法:手洗いのみ可
・材質
無地:ポリエステル100%
柄:綿100%

キャリフリーチェアベルトはデザインが豊富です。

「材質」の「無地」と「柄」というのはそのデザインをさします。

材質は一般的な洋服などの布と同じなので小さく折りたたむことができ、コンパクトになります。

かなみ

荷物にいれてジャマに感じたことは1度もないよ!

赤ちゃん連れ外食の椅子問題の救世主!キャリフリーチェアベルトの使い方

使い方はすごく簡単です。

まずは背もたれ部分につけます。

キャリフリーチェアベルトの使い方1
後ろ
キャリフリーチェアベルトの使い方2

そして赤ちゃんを座らせて前をとめます。

キャリフリーチェアベルトの使い方3

わかりやすいように上の方でとめたため浮いてしまっています。

本当はしっかり椅子に座っている状態です。

たったこれだけで赤ちゃんが椅子から落ちるのを防ぐベルトの役割をしてくれます。

かなみ

簡単に使えるから大人が1人のときも大丈夫だよ♪

赤ちゃん連れ外食の椅子問題はチェアベルトで解決!:まとめ

赤ちゃん連れ外食の椅子問題はチェアベルトで解決!:まとめ

チェアベルトは背もたれのある大人用の椅子やベルトのついていない子ども用ハイチェアなどにつけて赤ちゃんが前に倒れないようにサポートするアイテムです。

チェアベルトを使ってよかった点はこちら。

チェアベルトを外食で使ってよかったこと
  • 椅子をチェックしてから入店しなくてよくなった

  • 抱っこしながら食べることが圧倒的に減った

  • 子どもと一緒に食事を楽しめる

赤ちゃんとの外食が楽しくなり気軽にお出かけができるようになりました。

私が使っているキャリフリーチェアベルトはつけ方も簡単で持ち運びもしやすいので重宝しています。

赤ちゃん連れの外食はハードルが高いと感じている方は試してみてください。

椅子問題がズバッと解決します。

かなみ

チェアベルトを使って子どもとのお出かけをもっと楽しくしよう♪

\ キャリフリーチェアベルトで赤ちゃんとの外食を楽しくしましょう♪ /

少しでも参考になれば嬉しいです。
かなみ(@kanami_yuru)でした。

* 気にいったらシェアしてね *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です