子連れお出かけにチェアベルトが便利でした!離乳食始めにも

こんにちは、奏未です!

 

涼しくなってきてお出かけしやすい時期になってきましたね。

 

私も月末に家族で動物園に行く予定です。

 

今から楽しみです!

 

しかし、子連れお出かけって心配なことも多いですよね。

 

授乳室はあるかな?

お手洗いはベビーカーごと入れるところあるかな?

子どもが食べられるものあるかな?

などなど……。

 

事前に調べてから出かけ先を検討するようにしています。

 

ところが、調べられないこともありますよね。

 

その1つがレストランの子ども用のイスです。

 

子ども用のイスの有無は調べられることがあるのですが、問題はその形です。

 

子ども用のイスっていろいろありますよね。

 

前に落ちないようにガードがついているタイプやガードのないタイプ、ソファ席に置くバンボのようなタイプなど……。

 

息子はまだ2歳になっていないのでガードがついているタイプでないと心配です。

 

子ども用のイスがあると書いてあるからこのレストランに入ったのに、いざレストランに入ってみると「あれ?このイスだと息子危ないよね?」ということがしばしば……。

 

レストランは悪くないんですけどね。

 

そんなときに役立つのが……!

 

チャラチャラッチャラ~

チェアベルトーーーーー!!

f:id:o-enkanami:20191015000311j:plain

 

感動したアイテムなんで思わずドラえもん感出てしまいました(笑)

 

これがあれば攻略できるイスが増えます。

 

使ってみた感想を書きます。

 

 

 

チェアベルトとは?使い方は?

チェアベルトは、普通のイスに取りつけて1人でイスに座るにはまだ怖い子も座らせられるようになるアイテムです。

 

こんな感じになります。

f:id:o-enkanami:20191015000400j:plain

※わかりやすいように上めにつけています。

 

取りつけ方は非常に簡単です。

 

背もたれ部分につけます。

f:id:o-enkanami:20191015000347j:plain

 

前はこんな感じ。

f:id:o-enkanami:20191015000337j:plain

 

この状態で子どもを座らせ、前の部分をとめると……

f:id:o-enkanami:20191015000400j:plain

こうなります。

 

ふんどしみたいな感じ?

 

これでガードのないイスもベビーチェアに早変わりです。

 

使ってみたらすごく便利でした

 チェアベルトの存在を知ったのは実はここ。

mamalife-kanami.hatenablog.com

 

池袋にあるラ・グラスリィさんです。

 

ここのイスはガードのないものなんですが、お店の方がチェアベルトをつけて対応してくださいました。

 

このときにチェアベルトの存在を知ったので、もう衝撃で。

 

え?!これなら入れるレストラン増えるじゃん!

と感動しました。

 

いや、これ大袈裟ではないんですよ。

 

チェアベルトを買うまで、どんな子ども用のイスなのか入る前に店内を覗きこんだこともあります。

 

絶対不審者……。

 

入店してからガードつきのイスじゃないとわかりベビーカーのまま席につかせてもらうものの、ご飯を食べさせづらかったり……。

 

 私にとってはお出かけのハードルを上げる問題でした。

 

しかし、チェアベルトを買ってだいぶ解決!!

 

テーブル席に使う子ども用のイスであればだいたい取りつけられるので気軽にレストランに入れるようになりました。

 

子連れレストランのハードルが下がりました!

 

あと、 イスではなく大人の体につけて子どもを座らせることもできます。

 こんな感じです。

 

離乳食を始める頃はまだ赤ちゃんの腰がすわっていなくて、抱きかかえながら食べさせることが多いのではないでしょうか。

 

私は息子のときそんな感じで不安定で食べさせるのが怖かったんですよ。

 

息子の離乳食始めにこれに出会っていれば……。

 

しかもですね、私が購入したときにはついていなかった新機能が今のチェアベルトにはついているんです!

 

それは、 セーフティーベルトです!

 

画像がなくてわかりづらいかもしれませんが、子どもの腰のところにつけるベルトです。

 

『急な立ち上がりにも安心』と説明には書かれていましたが、 子どもが前のめりになって落ちそうになったときにも活躍してくれると思います。

 

 特に膝上で使うとなると不安定になるので、セーフティーベルトは嬉しいですよね。

 

他には、ひっくり返してポケットに収納できるようになり、より持ち運びやすくなっていました。

 

私が買ったがときにはなかったセーフティーベルトに収納ポケット……欲しい

 

ギリギリおさがりでいけるかなぁと考えていましたが、娘がこれから離乳食始まるので追加購入を検討中です!

 

しかし、 どのイスにも対応できるわけではないので注意してください。

 

たとえば、ソファ席に置いて使う子ども用のイスは背もたれの形状上取りつけられないことがありました。

 バンボを出して申し訳ないですが、こんな形のイスにはチェアベルトはつけられません。

 

本当にバンボならガードがついていますが、こういう形でガードがついていないイスがあるんですよ。

 

ただ、ボックス席だけのお店でなければテーブル席用の子どもイスだったり、最悪大人用のイスがあるのでそちらに取りつければ問題ないです。

 

まとめ

普通のイスに取りつければ小さな子どもにも安心なガードつきのイスに早変わりしてくれるチェアベルト。

 

子連れレストランでどんなイスなのかドキドキしなくてよくなるチェアベルトは、お出かけのマストアイテムです!

 

離乳食始めの子にもオススメです。

 

セーフティーベルトや収納ポケットがついてさらに使い勝手がよくなって私も2人目ちゃん用にも買うか検討中です!

 

全てのイスに対応できるわけではないので注意が必要ですが、利用できるお店が増えるのは嬉しいですね!

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

ご参考になれば幸いです。

 

それでは、また今度。


* 気にいったらシェアしてね *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です