いつもの煮物を正月の特別料理に見せる方法 不器用な私でもできました

[temp id=3]

 

子どもたちが寝静まってからお正月に向けて黒豆の仕込みと煮物を作りました。

煮物の味つけはいつもと同じですが、ある工夫をするとパッと華やかなお正月らしい煮物に変わります。

 

その方法は飾り切りです。

あ、普通でした?

けど、実際に飾り切りをしている方ってどのくらいいるんでしょう。

少なくとも私の母はしていませんでした。

 

意外と切り方を知らない方が多いんじゃないかなぁと思ったので、紹介します。

 

かなみ
かなみ

不器用な私でもできたので大丈夫!!

飾り切りをマスターして、お正月の華やか煮物を作りましょう!

レンコンの飾り切り

レンコンの皮をむいたら、花びらの形になるように切り取っていきます。

写真のVの字のところを切り取ってください。

 

それを輪切り、または半月切りにすれば花のような形になります。

Vより丸っぽく切り取った方がより花っぽくなります。

不器用な私はVです(笑)

にんじんの飾り切り

これは一見難しそうに見えますが、実は簡単です。

 

まずはにんじんを輪切りにして型抜きをしましょう。

お正月は梅の型がいいですが、うちにはなかったので桜の型を使いました。

 

次は中心に向かって真っすぐ切り込みをいれます。

青い線のところです。

 

そして、先ほどいれた切り込みに向かって斜めに切り込みをいれます。

②のところです。

片方だけでいいですよ。

全て同じ向きにいれていってください。

こんにゃく

飾り切りとは言えないかな……。

こんにゃくの中央部分に切り込みをいれ、片方の先端を中心に入れるだけです。

ただのこんにゃくより手の込んでいる感じがします。

お正月は飾り切りして普段の料理を華やかに!:まとめ

今回ご紹介したのは本当に簡単にできる飾り切りです。

いつもと同じ煮物なのに主人が「おー!正月だ~。」と喜んでいました。

単純なことですが、特別な日は少しだけ手間をかけてイベントを楽しんではいかがでしょうか。

 

明日は黒豆、紅白なます、だて巻きを作ろうと思っています。

子どもたちよ、どうか穏やかにすごしてくれ(笑)

 

それでは、また今度。

[affi id=2]
* 気にいったらシェアしてね *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です